ブルーズギター復習編②

 

ども、まいど~、キュアです。今日はいい天気でしたね~。ちょっとお散歩にも行ってきたんだけど、埼玉ブルーな青空で快晴な1日でしたが、風がつえーw これって春一番ってやつなんですかね? よくわかんないすけど、北風がきつくて、お天気はいいんだけど、寒かったですね~。

 

さて、そんな天気がよくて寒い1日なので、家でギターなのですが、前回からちょっと書いてるんだけど、ブルーズギターの復習をやってて、なかなか楽しいですね~。

 

今回は「コードトーン」をメインで弾くということを意識しているんだけど、実際には、コードトーン+マイナーペンタ、という弾き方がいい感じになりますね~。

 

入り方はコードトーンパターンでも、マイナーペンタパターンでもいいんだけど、そのフレーズの過程にコードトーンあるいはペンタを混ぜるって感じの使い方かな~。

 

んで、ペンタとしては、「マイナーペンタ」がメインで、そっちが使いやすくはあるんだけど、でも、「メジャーペンタ」も重要なので、今日はそっちもやってみようかって感じで練習してましたね~。

 

普段はあまり使わないメジャーペンタさんなんだけど、ドレミソラ、というあの独特な、なんとなく間抜けた感じのスケールですねw おもわず、「寅次郎のテーマ」を思い出してしまいますが、でも、ブラックミュージックとか、ポップスとかでは頻繁に使われるスケールだよね~。

 

さて、そういうわけで、今日はメジャーペンタでアドリブやってたんですが、キーはひとまず標準的な「A」ですかね~。

 

んで、バッキングトラックは、BPM=80ぐらいで、12/8拍子のスローブルーズパターンですね~。やってて気づいたんだけど、これぐらいスローテンポの方が、コードトーンを使うには丁度いいんですよね~。

 

勿論、もっとアップテンポでもできるんだけど、アップテンポになるとコードトーンを使うにはちょっと忙しすぎる感じなんだよね。なので、アップテンポだと、ペンタ一発みたいな使い方がメインになっちゃうかな~。

 

なので、今は練習のために、テンポはかなり遅め、んで、ミスらないように弾くことを意識して練習することにしましょう~。

 

さて、KEY=Aだと、メジャーペンタスケールは、「F♯マイナー」のマイナーペンタスケールってことになりますね。まあ、Aメジャーペンタスケールと言ってもいいんだけど、ポジション的には「F♯マイナーペンタスケール」という感じですよね。

 

なので、そのポジションを6弦ルート、2弦ルート、5弦ルート、という風に把握するんだけどね。

 

やってみてどうだった?w

 

そうだね~。なんかいまいちだったけど、メジャーペンタ+コードトーンというのはあまりおさまりが良くないという感じがしちゃいましたね~。できなくはないんだけど、マイナーペンタの方がなんとなくしっくりくる感じはあったかな~。

 

ただ、まだ慣れてないし、なんとも言えないとこはあるんだけど、ちょっとコツとしてわかったのが、

 

メジャーペンタースケールを優先したほうがまとまりやすい

 

ってとこかな。コードトーン先というより、メジャーペンタを先に弾いて、オチのところでコードトーンという感じに弾くと、いい感じにまとまるのかな。

 

なので、今のところは、メジャーペンタメインのアドリブを鍛えるのがよさそうな気がしますね。まあ、ポジション的にはマイナーペンタと同じなので、指使いとかは同じ感じでできるんですけど、トニックと、オチになる音の位置が違ってくるので、そこはちょっと注意かな。

 

マイナーペンタだと、トニックの位置はすぐわかるんだけど、メジャーペンタだと、トニックの位置が異なるんで、そこは間違えないように理解しておかないとね。あと、オチの音も、F♯マイナーペンタだと、トニックは「A」で、オチの音(5度の音)は、「E」になるので、ミスらないようにねw

 

はい、というわけで、今日はメジャーペンタを色々使ってみて分析してみようかなと思います。

 

じゃ、みんなもメジャーペンタ使ってみてね~('ω')ノ

 

 

ブルーズギター復習みたいな

 

ども、今更またブルーズギターの話題かよって感じですが、なんか、私は定期的にブルーズギターに原点回帰することがあるので、ご理解くださいw

 

というわけで、今回は個人的なメモっぽい感じになりますかね~。

 

①コードトーン重視

 

今回の原点回帰で重視したのが、コードトーン。一般的にはブルーズギターのメインは「ペンタトニック」なのですが、それだけだと飽きてくるし、もっと色気のあるフィーリングをだしたいな~と思うと、やっぱりペンタ以外の音も使わざるを得なくなりますよね~。

 

そこで、まずは「コードトーン」ってことになるのですが、でも、ブルーズギターの場合、コードトーンは「セブンス」の和音になるので、これをどう弾くんだ?というのが疑問ですよね。

 

もちろん、6弦ルート、5弦ルートのコードポジションをそのまま弾いてもいいんですけど、それだけだとなんだかフレーズっぽい感じがしないので、

 

コードトーン+ペンタ

 

という感じで使うのがいい感じですかね~。まあ、でも、基本は「トニック、サブドミ、ドミナント」の3和音のコードトーンポジションをしっかり把握しておくことが大事ですね~。

 

それぞれの3つの型をまずはしっかり押さえましょう。

 

3つの型とは?w

 

6弦ルート型、5弦ルート型、2弦ルート型

 

この3つですね。これがギターのポジションを覚える上での基本的な型になるので、これは毎日のトレーニングに欠かせませんねw

 

この3つの型が、トニック、サブドミ、ドミナントでそれぞれ3つあるので、合計9パターンの型を覚えることになりますが、それをアドリブで瞬間的に使い分ける、ところまで使い慣れないといけないので、練習ですねw

 

あんたはちゃんとできてるのか?って、そうだね~。トニックとサブドミは割とすぐでてくるんだけど、ドミナントはまだちょっと場所探しちゃうって感じかな。なので、ドミナントをもうちょっと重点的に覚えた方がいいかもね。

 

それと、練習する時のリズムやテンポというのも案外大事かもしれないね。私の場合は、テンポはBPM=80で、リズムパターンは「12/8」というリズムかな。スローブルーズなパターンなんだけど、色んなリズムパターンが作れるので、基本を鍛えるにはこのリズムパターンがいいかなと思い重宝してますけどね~。

 

ブルーズギターのメインのスケールは、

 

「マイナーペンタ」、「メジャーペンタ」、「コードトーン」

 

この三つかな。この3つを使い分けて、かつ、この3つを混合させたフレージングというのがブルーズギターの完成形?だと思う。なので、理論的にはこの三つを上手くブレンドできるのが究極なんだけど、まあ、そんな小難しい話よりも、実際のフレーズを耳コピして覚えちゃった方がたぶん実践的なのかもしれないけどねw

 

でも、一応、理論的な話でいうと、この三つのスケールを使いこなせるようになるのが目標ってことになるかな~。

 

どれぐらいまで使えてる?w

 

そうだね~。「マイナーペンタ」と「コードトーン」がほとんどかな~。「メジャーペンタ」はあまり使わないな~。もちろん、ポジションは把握できるんだけど、使う時はそれぞれ分離して、ジャンル分けして使うって感じだから、まだ、フレーズが形式的な感じにはなっちゃうね~。

 

でも、今回のメインはやっぱり「コードトーン」かな~。あまり、一般的なブルーズギターでは使われないかもしれないけど、私はアドリブでコードトーンをスイープ奏法で弾くみたいなことが多いんでね。

 

ブルーズギターでもスイープ奏法を多用してコードトーン使ってますねw でも、この奏法の方が、起承転結な感じがハッキリでるからいいんじゃないかな~と思います。

 

他には、そうですね~。よく使うフレーズのパターンみたいなのがあって、それが、

 

ペンタスケールの1音飛ばしフレーズ」

 

みたいなやつですね~。7音スケールとかでよく使うパターンに似てるけど、それと同じようなやつをペンタトニックでも使えるんですよね~。このフレーズってフレーズの「つなぎ」みたいに使えるんで、便利なんですよねw

 

なので、ちょっとネタに詰まっちゃった時ときとかに、しょっちゅこのパターンでフレーズをつなげてますねw ただ、これ慣れないとスムーズに弾くのは難しいので、手癖になるぐらい毎日安定して弾けるようにはトレーニングしておく必要はありますかね~。

 

特徴的なのが指の「腹」の部分を使って弾くパターンなので、その動きに慣れるってとこかな~。ペンタを縦に弾くという感じの使い方なんでね、慣れてないと上手くできないと思いますが、慣れてきて使いこなせれば、アドリブでは大きな戦力になると思いますよ。

 

はい、というわけで、今回はこのへんにしとこうかなw 続きはまた、後ほどということで、

 

じゃ、またね~('ω')ノ

 

 

このバッキングトラックは使いやすいですね~。キーもEなので、指板を広くつかえるし、テンポも80ぐらいかな? リズムも12/8で弾きやすいと思うw

 

 

ギターを選ぶときは何で選ぶ?

 

何でしょう?やっぱり見た目なのかな?まあ、それも間違いじゃないと思いますけど、「金額」というのも一つの尺度かもしれませんね。高いギター=いいギター、という分かりやすいステータスがありますからねw

 

他には、「有名な人がおすすめしていたから」というのもありますかね~。インフルエンサーっていうのかな?そういう方が、このギターいいよ~っておすすめすると売れ行きが上がったりするみたいですね~。

 

でも、やっぱり私は、

 

「品質」

 

で選んで欲しいかな~と思います。というか私はギターをみる時は「品質」第一ですかね~。でも、この品質というのは、人それぞれなので、選者がどういう品質基準で選んでいるのかという点を考えて参考にしてほしいと思います。

 

というわけで、私の場合の「品質基準」なのですが、

 

①「とにかく弾きやすいかどうか」

 

見た目とかよりも、私はまず、そのギターの機能性である「弾きやすいかどうか」を重視しますね~。

 

具体的には、

 

・「24フレットまであるかどうか」

 

私はハイポジションを多用することが多いので、まずは、フレット数が24フレットまでちゃんとあるかどうかを見ます。

 

・「接着深度が浅いかどうか」

 

接着深度というのは私の造語なのですが、ネックとボディの接着が浅い、深いという度合いを意味しています。これを見分けるのは簡単で、接着深度が浅いギターというのは、6弦側のボディのカッタウェイの位置が、どのフレットになっているか、で見極めることができます。

 

例えば、接着深度が深いギターというのは、この位置が15フレット前後にきます。そのため、ハイポジションが弾きにくいという特徴がありますね~。代表的なギターでいうと、ギブソンレスポールとかがそうなんですけど、アイバニーズでも「RG6HSHMTR」という機種は接着深度は深いタイプですね~。

 

逆に接着深度が浅いギターというのは、6弦側のカッタウェイの位置が18~19フレットあたりにきます。一般的なアイバニーズのRGシリーズはこの位置が多いですね~。まあ、ポールリードスミスあたりだともっと浅い位置に接着されているので、ハイポジションの弾きやすさはかなり弾きやすいと言われてますね~。

 

ただ、あまりに浅すぎると、今度はネックが不安定になり、ネックを傾けただけで音程が変化してしまうという現象も起きるようなので、チューニングの安定性を考えるなら、18~19フレットあたりというのが妥当な位置かなと思います。

 

 

②アーミングしてもチューニングが狂わないかどうか(アーム精度95%)

 

これは、昨年の12月ぐらいから着目するようになった品質チェックポイントなんですけど、昨年の12月ぐらいからアーム奏法を行うようになりまして、アーミングしてもチューニングが狂わないギターというのを求めるようになったんですよね~。

 

そこで、色々とどのギターがそうなのか?というのを審査しているんですけど、今のところの結論としては、

 

フロイドローズタイプで、スプリングが3本掛けで、10万円以上のしっかりした作りのギター

 

というのがそうなるのかなという感じですね。まあ、アームの精度というのは、私が独自に開発した「アームテスト」を行って、チューニングの狂いが±5セント以内というのを「アーム精度95%」と称しているんですけどね~。

 

なので、ギターを買う時は、アームテストを行い、精度が95%ぐらいのものを選ぶと安泰なのかなと思います。

 

まあ、そうはいっても、なかなかアームテストをお願いしても、やってくれる店舗ってないんですけどねw

 

なので、そこは、コネなり、SNSなりを通じて、なんとか情報を得るしか今のところは手はないですね~。

 

はい、ま、そんなわけで、まとめると、ギターを選ぶ時の「品質基準」とは、

 

①接着深度が浅いギター

 

②アーム精度95%ぐらいのギター

 

ということになりますかね。あくまで、私個人の基準ですので、ここに+して、選抜基準を設けても構わないのですが、一応、私はこの二つということですね。

 

はい、というわけで、今回は、ギターを選ぶ時の品質基準について書いてみましたが、参考にしてもらえると嬉しいですね。

 

ギター選びは、品質の高いギターを選んだ方が結果的に長いこと使えますし、技術も上達すると思うので、私は、やっぱりギターを選ぶなら「品質」で選ぶ方がいいと思います。

 

どうか、皆様が優れた品質のギターと出会えますように(^^)/

 

というわけで、今回はこのへんで、またね~('ω')ノ